メニュー

申請と承認

オフィス

WEBシステム化の魅力

社内の業務効率に欠かせないものとして、ワークフローシステムがあり多くの企業で導入されている。ワークフローシステムでは、電子化された申請書を決められた承認フローなどに沿って承認を進めていくシステムである。ワークフローシステムでの対象としては、従業員情報の変更やその申請、経費精算や社内での申請事項を対象としていることが多い。ワークフローシステムでは、システム上で入力し申請ボタンを押すなどの操作で申請を進められるため、使用する従業員にとっても利便性が高い。また、上長などは申請をメールなどで検知し、システムにログインすることで簡単に承認を行うことができる。これにより、社内での申請と承認が効率的で迅速な対応が可能になる。稟議などにおいて時間がかかってしまうことで、必要な業務を進めることができなくなるケースがある。しかし、ワークフローシステムで短時間化することで、素早い対応を行っていくことができる。ワークフローシステムでは、社内のネットワークを活用しWEB入力するシステムが主流となっている。以前は、専用のアプリケーションを導入するなどで利用されていたが、WEBシステム化することで簡単に導入ができる。また、メンテナンスもサーバー側のみ対応することで実施できるため、メンテナンスのしやすさの面でもWEBシステムの魅力が大きい。さらに、最近ではクラウドサービスとして提供されるサービスも増えており、ますます利便性が高まっている。