メニュー

採用選考作業を効率化

テレビ電話

テレビ電話の技術を応用

企業が新たな人材を採用する際には書類選考や筆記試験だけでなく、入社を希望する人と直接会って人柄や能力を判断する過程も欠かせません。そうした目的で行われる面接は受験者と企業の担当者双方が互いに日程を調整し合う必要も出てくるため、遠隔地に住む受験者にとっては負担が大きい方法でした。受験したところで必ずしも採用されるとは限らないことから、不採用のリスクを恐れて地方の優秀な人材が受験を見送るケースも珍しくありません。優れた人材を確保することはどの企業でも喫緊の課題とされており、心理的負担が大きかった面接のあり方を改善する動きが広がっています。そうした中でテレビ電話技術の進歩を背景に多くの企業で導入が進んでいるのが、インターネットを利用したオンライン面接システムです。このシステムを導入すればインターネットに接続されたパソコンやスマートフォンを使った面接が可能となり、受験者はわざわざ企業まで出向く必要がなくなります。採否を決定するまでに複数回にわたって面接を行う企業であっても、初回をこうした簡易スタイルで実施することで受験者の負担軽減に配慮している例は少なくありません。オンライン面接システムを上手に活用すれば、インターネットを通じた企業の会社紹介や採用情報の拡散を人材確保に役立てる動きも活性化できます。地方に住む求職者がそうした情報を目にした際に、オンラインで手軽に面接できる企業なら申し込みもしやすいものです。このようなオンライン面接は無料のテレビ電話サービスを利用することでも実現できますが、無料のサービスにはセキュリティ面で問題点もあります。その点で法人向けに提供されている有料のオンライン面接システムは万全のセキュリティ対策が施されており、情報漏洩のリスクも低いものです。履歴書や会社紹介資料などを共有できるオンライン面接システムを利用すれば、煩雑だった採用選考作業が効率化できます。