メニュー

スピーディーなフロー

男女

デメリットも見つめて

最近のワークフローシステムは各段に進化しています。現在、多くの企業が、ワークフローシステムを導入することにより、業務の改善を行っています。ワークフローシステムを使うことによって、決済処理が迅速になり、稟議、報告書、届出書の承認もスピードアップします。このシステムは、何処の場所にいても利用できるので、責任者の不在の状態がなくなります。書類をやり取りする必要もなくなるので、拠点間の距離が決済に影響することもありません。また、ワークフローシステムは、事業運営のコスト削減にも寄与しています。ワークフローシステムによってペーパーレス化が進み、印刷、保管、郵送などの費用を削減できるようになります。紙の書類がなくなるということは、紛失する心配もないということです。良い事尽くめと思えるワークフローシステムですが、問題点があるのも確かです。このシステムの運用の際には、決済、承認の流れをインプットする必要があります。しかしながら、企業活動には、時にイレギュラーな対応が必要になることがあります。その辺の変更について臨機応変に対処できるシステムでなければ、反って業務に時間が掛かることも考えられます。そして、もう一つの問題として、ワークフローシステムにもセキュリティ対策は必要ということも忘れてはならない案件です。お互いの顔が見えない進行状況の中で、確実に信頼できる関係を築くには、セキュリティを確実にすることが重要です。