オフィス

申請と承認

社内の申請や承認をシステム上で進めるためのものが、ワークフローシステムである。ワークフローシステムを導入することで、申請や承認の手間が省け、業務効率化を進められる。また、WEBシステムとして導入することで維持管理などもしやすい。

メニュー

男女

就職活動の新しいスタイル

新しい面接システムを導入する企業が増えています。その1つがオンライン面接です。ネットを通じて画面同士で会話をする方法です。これにより遠方の学生が時間とお金をかけて企業へでかける必要がなくなり、企業も交通費の負担を減らせます。もう1つは自己PR動画の提出です。これにより応募者の才能を判断できます。

メール

回避するための方法がある

メール誤送信を防ぐためには、專門のツールを導入しましょう。特に、企業間で誤送信が行われると厄介です。様々なツールがあるので、使い勝手が良いものを導入することをお勧めします。このようなツールがあれば、仕事に支障も出なくなるはずです。

男女

スピーディーなフロー

ワークフローシステムは、大変便利なシステムです。このシステムを導入することで、決済や承認の作業がスピーディーになり、コストダウンにも繋がります。しかし、業務の流れがイレギュラーな形となった場合は、そのことに対応できる工夫も大切です。さらに、セキュリティの問題も疎かにしてはなりません。

テレビ電話

採用選考作業を効率化

人材採用を目的に企業が行う面接は受験者の負担が大きい方法でしたが、最近はオンライン面接を採用する企業が増えています。テレビ電話技術を使ったオンライン面接システム導入により、遠隔地の優秀な人材を確保しやすくなります。法人向けの有料システムはセキュリティ対策が万全で、採用選考作業も効率化されるものです。

メールの誤送信防止方法

Eメール

メールの誤送信を防ぐ

企業の重要な情報が流出する方法としては、ウイルスや外部からの不正侵入などが有名ですが、社内のスタッフによるメール誤送信にも注意しなくてはなりません。メールは、誰でも簡単に使えるツールであるために、注意をする企業が少ないのですが、数多くの問題を発生する原因ともなります。間違った相手にメール誤送信してしまうと、知られたくない内容が外部に流出してしまい、社会的な信用を失ってしまったり、悪意ある第三者による攻撃の原因ともなってしまうでしょう。このようなメール誤送信を防ぐために、メールの使用法についてルールを作って厳守するようにしている企業もありますが、当人の注意だけでメール誤送信を防ぐのは難しいことです。当人は十分に注意している積りでも、時間に追われていたり疲れている時などは、うっかりとミスが発生してしまいます。そのため、メール誤送信を防ぐためには、専用のソフトを使用して、誤送信しないようにすることが大切です。専用のソフトを使えば、メールを送信できる相手を制限したり、メールの内容から正当性を判断するなどの対策が施せます。ソフトが自動的にメールの内容を管理してくれますから、社内のスタッフの負担も少なく、手軽に誤ったメール送信によって情報流出を防ぐことが可能です。ウイルスソフトなどを導入するだけではなく、メールの誤送信を防ぐソフトも利用しないと、大事な社内の情報を守り、対外的な信用を維持することは難しくなっていることを理解しましょう。